スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外で活発に遊んだ子ほど学習熱心に(読売新聞)

 子供時代に外で活発に遊んだ人ほど、本を読む割合や大学進学率が高い――。国立青少年教育振興機構は24日、こんな調査結果を公表した。

 調査に携わった千葉大の明石要一教授(教育社会学)は「子供が外で遊ぶことで、探求心や知的好奇心を刺激し、学習意欲も向上させるのでは」としている。

 調査は昨年末、全国の20~60歳代の男女5000人と、小中高生1万1000人を対象に実施。「川や海で泳いだ」「友達と相撲をした」など30項目をもとに、外遊びの体験豊かなグループとそうでないグループとに分けた。

 それによると、「体験豊か」という大人のグループは、1か月に本を1冊以上読む人の割合が71%にのぼり、少ないグループ(47%)より24ポイント上回っていた。最終学歴が大学以上(50%)という人も「少ない」グループより5ポイント多かった。

 ただ、同じ調査では、外遊びのうち、海や川で遊んだ経験のある人が60歳以上で半数以上にのぼるのに対し、今の中高生は4割に満たない実態も浮かんだ。明石教授は、「学校や家庭は、子供が外で遊ぶ機会をもっと増やす努力をすべきだ」と指摘している。

10分5億円PR映像、JOC会長「必要経費」(読売新聞)
<強盗>女性店員縛りマックから30万円奪う 静岡・掛川(毎日新聞)
小沢氏「会期内」強調 郵政、強行突破も(産経新聞)
<囲碁>上辺で激しい戦い 本因坊戦第2局(毎日新聞)
<人事>新広社(27日)(毎日新聞)
スポンサーサイト

<普天間>政府、沖縄県に鳩山首相の再訪問予定を伝える(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、政府が沖縄県に対し、23日に鳩山由紀夫首相が再訪問する予定を非公式に伝えていることが分かった。移設問題は日米協議が進行中で、政府案作りが難航すれば、再訪問は中止になる可能性もある。

 複数の県関係者によると、政府側は、仲井真弘多知事との会談や、移設先として検討する名護市の住民との対話集会に出席する意向を示しているという。知事は県内移設受け入れは厳しいとの認識を改めて伝える考え。

 知事は18日夕、報道陣の取材に「名護に戻るのはよほど難しい。名護市長や県民が納得いく説明をしてもらいたい」と話した。【井本義親】

【関連ニュース】
普天間:防衛相と米大使が会談 早期合意目指すことで一致
普天間移設:「閣議了解応じず」首相に伝達 福島担当相
普天間移設:米、「現アセス範囲内で」 辺野古浅瀬困難に
普天間移設:「首相発言」で決着も 閣議了解から後退
普天間移設:鳩山首相「厳しい状況は分かっている」

上海万博 日本館で「日の丸」掲揚やっとスタート(産経新聞)
内閣支持続落、19%=時事世論調査(時事通信)
石川議員を再聴取=18日、元公設秘書らも-陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
口蹄疫拡大、獣医不足が深刻化…全国に派遣要請(読売新聞)
新型流行も強毒性想定のBCP策定は1割強(医療介護CBニュース)

五輪メダル計10個!池谷&長塚&谷…民主チーム五輪で参院選(スポーツ報知)

 民主党が今夏の参院選で柔道の五輪メダリスト・谷亮子(34)の擁立を決めたことで、同党からはメダル総数計10個の五輪メダリストトリオが国政を目指すことになった。谷と同じ比例代表で当選を目指す体操の池谷幸雄氏(39)は「一緒に当選できれば」といいながらライバル心もチラリ。茨城選挙区から立候補する自転車の長塚智広(31)は「茨城にも来てほしい」と選挙戦に向けラブコールを送った。

 池谷氏はこの日、講演会を前に谷出馬の報に接し、「びっくりしました。でも、スポーツをやってきた人は志が同じだと思うので、うれしいですね」と話した。

 五輪メダリストという共通点以上に、谷には親近感を持っている。谷が初めて出場した92年バルセロナ五輪に、池谷氏も出場。その前のソウル五輪に高校生で出場し、人気を誇った池谷氏は、谷とともに同五輪の“アイドル的”な騒がれ方をした。「取材も含め、一緒に写真を撮ったりしてるし、当時は、選手村でよく話もしてましたね」。

 2人は、ともに同大会で銀メダルを獲得。ただ、競泳の岩崎恭子さんが、14歳で金メダル獲得というビッグニュースがあったため、「僕たちより、話題はそちらに持っていかれました」と笑いながら振り返った。

 同じ党の比例代表のため、選挙では順位を争う“ライバル”ともいえるが、池谷氏は「一緒に当選できればいい。やりたいことは共通していると思うので」と相乗効果に期待。そろって当選の暁には、「仲間がいる方が、目指すことができると思います」と、スポーツ振興などの目標に向け“タッグ”を組むことを誓った。

 また茨城選挙区を自転車を使って活動している長塚も「谷さんは比例代表ということなので、茨城県にも来てほしいですね」と歓迎した。

 2000年のシドニー五輪に初めて出場した長塚は、選手村で谷と言葉を交わし、金メダルを見せてもらったという。その時、長塚は5位だったが谷の活躍に刺激を受け、次の五輪を目指すことを決断。04年のアテネ五輪に出場し、チームスプリントで銀メダルを獲得した。同じ五輪戦士の“参戦”はやはり心強いようで「同じスポーツ選手として、今度は将来の日本のために一緒に戦えればうれしいです」と話していた。

 【関連記事】
民主党比例代表候補・池谷幸雄氏…金欠病でも都道府県回る

<健康保険法>改正案 協会けんぽ保険料上昇抑制 健保反発(毎日新聞)
<たちあがれ日本>片山元総務相の擁立検討 参院選比例(毎日新聞)
「イクメン」流行…男性の本心は?(産経新聞)
首相、徳之島への移転要請=3町長は拒否へ-普天間(時事通信)
CO2排出への影響は限定的=高速無料化で試算-国交・環境省(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。